全速力でビッチだったころに戻ろうとする初老。奮闘中。

毎日の記録と、いよいよ到来する四十路に向けて体づくり、現役に復帰することを目標としたブログ。

仕事でこそ、ぜったいにウソをつかない。ぜったいに。

仕事だと「ビジネス」だと割り切って、クライアントに擦り寄ったり、自分が思ってもいないことを平気で言ったり、書いたりする人がいる。

 

ぜったい反対。仕事だからこそ「自分が思ってもいない」ことを言ったり書いたりしちゃいけないんだ、と思う。

 

わたしは書くことや考えること、企画でお金をもらっている。自分自身がぜったいに「いい」と思えるものを出さないと、だいたい失敗する。

 

嫌われることもあるかも、怒らせることもあるかもだけど、クライアントにとって耳の痛いことも言わなくちゃいけない。それがもしかしたらちょっと世の中の声の一部だったりするから。現状を冷静にみて、クライアントの商品やサービスのいいところを見つけて、それを全面的に信じきる。本当に好きになっちゃうからわたしは「ウソ」をついてる感覚がない。誇大広告でもない。本当にこれはこのポイントを押し出したら世の中のためになる!イイ!と思うことしかやらない。

 

わたしは天才じゃないから、自分が思ってもいないウソを、上手に、誰もが振り向くような文章で書いてしかも財布を出させるところまで持って行くなんて、無理なんです。凡人だからこそ、ウソじゃない、本当の、自分が思っていることを書く。伝える。

なんとなくでウソっぽいことを言っちゃうこともあるんだけど、全力で後悔&最終的にクライアントのためにならないから、できる限りやらない。

 

プライベートでウソつくのは全く構わないよ。それで人生が楽しくなるならウソも方便だと思う。

 

思ってもいないことを書き続けていると自分が空っぽになったような気もするしね。すりへっちゃう。イイコトない。と、ずっと言い続けているけど、これを実践できるひとがけっこういないもんなんだよなぁ。。

朝から暗闇ボクササイズいって、仕事して。また午後ダンスに行ければ行って。帰ったら本読んで。やることだけはほんとに山積み。