読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全速力でビッチだったころに戻ろうとする初老。奮闘中。

毎日の記録と、いよいよ到来する四十路に向けて体づくり、現役に復帰することを目標としたブログ。

衝撃。私、愛を感じたいからチョコを食べてる。んだー。

amakunai-sugar.com


karapaia.com



私、ドラッグ中毒みたいなものなんです。砂糖、甘いもの中毒なんです。仕事してて昔はよく「やべえ、原稿進まない、血糖値あげなくちゃ☆」とか言って、ガンッ!血糖値爆あがりするような甘いもの、チョコとか、エナジードリンクとか、ぐいっといっちゃってたわけです。

でも、あまくない砂糖の話を見たら、、、人がおいしいと思う、やめられないとまらないになる砂糖の分量がぴっちり計算されている嗜好品たち、それらを食べたときに感じるのは「愛」なんだと。

脳が「愛されているような幸福感」を砂糖を食べた時に感じるから、という科学の話だけでなく、お誕生日とかちょっとした差し入れに選ばれがちなスイーツ。私も実際、実家に帰るときはみんなの団欒にケーキを買っていき、お父さんはこれが好きよね、お姉ちゃんはこれ、お母さんは、、、というように、愛情表現の1手段?のようにスイーツを使ってる。甘いものを食べる、っていうのは食べる行為だけじゃなくて、それにまつわるいろんなものが「愛」に近いところにある。

私はひとりで満たされない愛を感じるために、板チョコを貪り食っているわけだ。家族に向けてケーキを選ぶのと同じ。自分で私に対して、甘いもので愛情表現しちゃってる。

ひー。いま対策として、幸せを感じたいと思ったらアロマ、自分でブレンドした好きなオイルの香りを嗅ぐことで、砂糖摂取を回避できないか試そうとしているところです。


愛されたいとか、誰かを大事にしたいとか、そういう思いがもう「渇望」と言っていいほど溢れていて、なんか、とっても深みにハマっております。抜け出したい。達観したい。仙人になりたい。